iDog

ペットは家族!これは今や常識!!

厚生労働省が毎年発表しているペットとして飼育されている犬の登録件数は平成25年度ではおよそ675万頭に上っています。

 

 

犬の平均寿命は大体12?14歳とされていますから、現在の日本の年少人口(0歳〜14歳まで)と比較すると、現在の年少人口数は約1639万人ですから、ワンちゃん数体年少人口数は1対2.4ということになります。

 

 

いかにワンちゃんの数が多いかというのが分かりますね。猫を加えると更にペット数は多くなりますから、今やペットは家族の一員として子供と同じように大切に育てられているという現実が垣間見えます。

 

 

ワンちゃんの飼われ方の変化について

 

 

かつて、犬は家畜であり屋外で飼育するというのが日本では当たり前とされていました。

 

 

しかし都市化が進み、地方都市でもマンションなどの集合住宅化が進み、それに伴い犬も家畜からペット、そして家族の一員として扱われるようになり、次第に屋内で飼われるのが一般的になりました。

 

 

これはバブル期以降特に顕著にみられるようになった現象で、背後には少子高齢化も大きな要因であると考えられています。

 

 

つまり、少子化によってペットを子供のように大切にする意識が芽生え、高齢化によって子供が独立した家庭では新たにペットを家族として迎え入れる風潮が広がったと考えられるのです。

 

ペットに服を着せるのは虐待!?それとも躾?!

ワンちゃんを家族として迎え入れ、屋内で一緒に生活するようになって、大きく変化してきたのがペットとの接し方です。

 

 

人気の犬種は屋内で飼いやすい小型犬に人気が集中し、餌はかつての残飯から犬の健康に留意した専用のドッグフードが選ばれるようになり、ペット産業やペット医療は右肩上がりで成長しています。

 

 

ペットに競うように華やかでオシャレな洋服を着せることもここ数年でブームになりつつありますが、ここで大きな議論を醸し出しているのが「ワンちゃんに洋服を着せるのは虐待にあたるのではないか?」という論争です。

 

 

確かにワンちゃんの中には洋服を嫌がる子も居ます。ただし、短毛種のように犬種によっては極端な温度変化に弱く、特に寒さに弱い犬種もいるので、エアコンの効いた室内や冬の屋外で散歩させる際には洋服を着せないでおくことで逆に深刻な健康被害を及ぼすケースもあります。また、皮膚病やノミ防止のためにも通気性が良く、防虫効果を施した高機能素材を用いた服は現代のワンちゃんにとっては健康上必要なものでもあるのです。

 

 

犬に服は虐待と主張するのは「慣れないものを身につけさせるのがストレスになるから」という理論。

 

 

だけど子犬の時から洋服に慣れてしまえば成犬になってからも嫌がるワンちゃんはごく稀です。

 

 

ワンちゃん用の服は抜け毛対策としても有用なので、飼い主さんが正しい知識をもってワンちゃんに接することが重要だと考えます。

 

 

可愛いドックウエアならアイドッグにお任せ!

 

 

住宅事情が厳しい日本では圧倒的に小型の愛玩犬が人気です。

 

 

可愛いワンちゃんには可愛いウェアを着せたいというのは当たり前の親心ですね。

 

 

そこで注目したいのが今楽天市場やYahoo!ショッピング、Amazonなどの大手ネット通販サイトでも人気を集めている「アイドッグ」です。

 

 

アイドッグは富山県にある自社工場で一点一点愛情を込めて手作りしているオリジナルの国産ブランド!安全性にこだわって高い質感とデザイン製に自信があります。

 

 

アイドッグのブランドポリシーは「高品位・低価格」にあります。

 

 

ワンちゃんと飼い主さんがともにハッピーになれますように、そんな思いを込めてアイドッグは日々もの作りに励んでいます。

 

 

愛犬や愛猫の生活が楽しく快適になるアイテムが充実です。

散歩をする時に犬を連れて歩いている人が増えているそうですが、その中でも、自分の着ている洋服だけなく一緒に歩いている犬のファッションにも気を使っている人が多いそうです。

 

 

都会で生活する犬にとってご主人と一緒にお出かけするのは、日ごろの運動不足を解消するために欠かせないものですが、ひときわ目を引くのが可愛いデザインのジャケットや、カラフルな色のパーカーを着せてもらっている犬の姿です。

 

 

ペットのオシャレグッズを販売しているアイドックでは、シーズーやチワワなどの小型犬から、コーギーや柴犬などの中型犬にぴったりの可愛い洋服を販売しています。

 

 

犬には毛皮があるのだから洋服なんて必要ないんじゃないの?と思っている人がいるかもしれませんが、自分で体温を調節するのが苦手な小型犬や中型犬は、何も着ないでいきなり外に出てしまうと、体温が急激に低下して風邪をひいたり、下痢や嘔吐など体調を崩してしまうことになる危険があるんです。

 

 

自分と一緒に散歩をしているワンちゃんに洋服を着せてあげるのは、ただ見た目を良くするというだけではなく、大切な家族の一員であるワンちゃんの健康管理をしてあげているということなんですね。

 

 

それに、せっかく洋服を着せてあげるのなら可愛いほうがいいに決まっています、飼い主であるご主人の好みでオシャレに決めてあげれば、ワンちゃんのほうにもちゃんと気持ちが通じて安心してくれるはず。

 

国産の犬の洋服、リード、猫用の首輪などを扱っている通販サイトです。

ペット用品の通販ショップアイドックでは、ワンちゃんのオシャレに役立つ洋服が豊富に用意されているので、自分だけのこだわりのファッションで大切なワンちゃんを優しく守ってあげることができます。

 

 

自分が飼っているワンちゃんが男の子なら、個性的なプリント入れたジャケットでワイルドに、女の子には遠くからでも目立つパステルカラーのワンピースでもっとキュートな印象に、国内最大級の商品を用意しているアイドックなら、ワンちゃんの個性に合わせたオシャレを楽しむことができます。

 

 

また、万が一リードから離れて迷子になってしまったときでも、すぐに居場所を発見することができるように、名前や連絡先を書いておけるチャームやネームタグ付きの洋服を着せてあげれば、散歩中に驚いて駆け出してしまったときでも安心です。

 

 

アイドックではペットの洋服だけでなく、一緒にお散歩する飼い主の役に立つキャリーバックや、ウンチをしてしまったときに便利なマナーポーチなども用意しているので、今までよりももっとワンちゃんとのお出かけが楽しくなるでしょう。

 

ペットじゃなくて家族です

犬や猫を飼われている方は多いですよね。もう、ペットや番犬なんかじゃなくて、家族の一員という方も少なくないのでは。

 

 

とくに、ワンちゃんは散歩に連れて行って、近所の方々にもご挨拶する機会も多いもの。そうなると、おしゃれにしたい、寒い日には温かくしてあげたいというのは、やっぱり親心ですよね。

 

 

「犬の洋服iDog(アイドッグ)」はそんな可愛いペットに夢中の方にぴったりのワンちゃんのためのファッション通販ショップです。

 

 

ダウンのような国内では製造できない一部商品以外はすべて、富山の自社工場で一枚一枚、手間をかけて手作りした安心の国産品です。

 

 

工場直販だからこそ実現できる高品質、低価格そして、何と言っても通販だからこそ可能な幅広い品揃えには自信があります。

 

 

なんとワンちゃんの名前入りのウエアだってオーダーできちゃうんです。迷子になっても見付けやすいし、ご近所の人気者になること間違いなしです。

 

おしゃれなアイテムがいっぱい!

犬の洋服iDog(アイドッグ)にはファッションアイテムだけでも、各種トップスをはじめ、パジャマ、つなぎ、ワンピース、スカート、ジャケット、コート、コスチュウムウエア、着物、袴、浴衣、レインコート、帽子、マフラー、イヤーウォーマー、リボン、ネクタイ、靴、靴下などまるでファッションモールに行ったみたい。

 

 

もちろん、ファッションだけでなくおしゃれなハーネスやリード、迷い子札、アクセサリー、キャリーバッグ、ドッグスリング、ベッド、ハウス、フードボウル、食器台、ケージ、サークル、おもちゃ、お散歩グッズ、トイレ、ケア用品、しつけ・トレーニング用品。ドライフード、缶詰・レトルトパウチ、手作り食サポート、サプリメント、おやつまで、ワンちゃんに関するすべてが揃います。

 

 

パパに「ぼくにもこれくらい気をつかってくれよ〜」と嘆かれるかもしれません。

 

 

そしてワンちゃんだけでなく、猫ちゃんにも首輪、ハーネスをはじめワンちゃん同様の各種アイテムが取りそろえてあります。

 

 

ワンちゃん、猫ちゃんを買うなら、ぜひ一度のぞいてみてください。

 

>>iDog(アイドッグ)公式サイトはコチラから<<